2018年03月18日

春ですね(テーマ:キッチンスタッフ大募集中)


Reiです。
3月下旬になりました。2018年が4分の1終わろうとしております。
あれ、ついこないだ2018年になりましたよね??・・・


Bisrot Takaは、変わらず引き続きキッチンスタッフ募集中ですよ。
これ以上は語るまい。
大大大募集中。

お陰様でどうにかシェフも生きてます。
レイは結構元気です。・・・ですよねー。
そんなこんなで気付けばすっかり春になりまして。
お料理もガラッと春満載です。

20180315_134719.jpg

Twitterでも取り急ぎお知らせしましたが、「ホタルイカと石川芋のサラダ仕立て」始まってますよぉぉぉ〜〜
年々リピーター様が増えているこのお料理、ご案内が遅くなってはならぬと、レイにしては珍しく即行のお知らせでした。
まだやりますよ、この料理。ご安心下さい。


もう1つ、これもお知らせ必須なデザートでした。スミマセン。

20180317_222050.jpg

「苺(あまおう)のマリネ・木苺ソース バニラアイスクリーム添え」
はい、お知らせ遅くなってゴメンなさいね、始まってます。
一度召し上がった方が案外覚えて下さってる苺のデザートです。
あまおうが美味しくなったら始まるスペシャルなのですが、さて、始まりましたー。

知る人ぞ知る、木苺ソースの他に黒胡椒とオリーブオイルとバジルが入るという。
結構クセになります。
毎年お出ししておりますが、未だリクエスト頂けるという事もあり、まだまだしつこく続けている定番スペシャルです。

Bistrot Takaの料理やデザートに関しましては、こうやってお知らせしたクセに売切れとか案外平気であり得ますので(スミマセン)、特に外せないリクエストはご予約時に是非お問い合わせ下さいね。
そうすればシェフが頑張ってくれますので、たぶん(笑)。


・・・だれか、Bistrot Takaで一緒に働かないー???
食べること、作ること、フランス料理、人、が大好きな若人、来たれ〜ぃぃぃ(涙目)


 Rei




posted by Bistrot Taka at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年02月01日

2月、ではありますが。


KIMG0378.JPG


Reiです。
2月になりました。バレンタインの月ですね。
恒例のトリュフショコラ、今年も販売しております。バレンタイン用のご予約ももちろん受付中。

2月。もう2月で、まだ2月。
ですが、残念なお知らせです。
昨年・一昨年と続けて苗場で出店させて頂いたFUJI ROCK FESTIVALなのですが、今年の出店は泣く泣く見送ることにしました。
あんなにテンション上がって、ドM気質丸出しで、絵にかいたような「必死」を楽しんでいた出稼ぎ労働。
フェスにあそこまで振り回されて、それでもまたチャレンジしようと燃えてしまっていた私達でしたが。

ご存知の方も多くいらっしゃると思います。
現在Bistrot Takaはキッチンスタッフ絶賛大募集中です。
という事は、現在シェフとレイの2人のみで日々営業させて頂いております。
お客様に少なからずご迷惑をお掛けしてしまっている事があるかと思います。
それでも皆さんに支えられながら、何とか元気に楽しく頑張っております。
本当にありがたい。。

しかし昨年を思い返しても、実はフジロック出店の準備というのは、本番の7月末までまだまだあるじゃーん、という位の時期から動き出していたのでした。
日々の営業と並行して、「1つの店を他に出す」準備を着々としていかないと間に合わない。そういうモノでした。
フジロックの「フェスごはん」出店募集の案内を今年も頂き、同時に悟りました。
「今年は絶対ムリ」。

現在のシェフの仕事ぶりを見ている限り、普段どんだけ冷酷非道なレイにもさすがに分かります。
これ以上は無理、これ以上を求めたらワタシはただの鬼だー。

現状は、ワクワクを今以上に求めてはいけません。
現状なすべき事、今のBistrot Takaを楽しんで下さる方達を大切におもてなしする事、こちらを選びます。
何しろブッ倒れたら元も子もないわ。
バカもたいがいにします。

という訳で、私達のワガママの塊だったフジロックチャレンジ、今年はお預けです。
苗場でお会い出来るのを楽しみにして下さってたお客様がたくさんいらっしゃるようです。
わざわざ湯島までお食事に来て下さって、フジロックのお話やウチの店の苗場メニューのご感想などでお話が盛り上がったお客様も結構いらっしゃいました。嬉しかったー。
ホントに、今年は残念です。ゴメンなさい。

でもね。引き続きスタッフ募集してますし、人の縁って素敵で大切なものだと思ってますし。
きっと来年また挑戦するんですよ、相変わらず私達バカなので。
これからも元気に楽しく笑っていられたら、またもっともっとワクワクしたくなるに決まってるんで。

今はしばらく、シェフの本当のパワーがMAXみなぎるまで、大人しく待つ事にします。
ウズウズし始めて、じっとしてられなくなるまで。
それまで、また来年まで(まず出してもらえるのか?)、苗場でお会いした皆さん待ってて下さいね。

それでは改めまして。

キッチンスタッフ大募集中

です。
ドM君のご応募、お待ちしてます。


 Rei



posted by Bistrot Taka at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年01月14日

明日からちょびっとお休み頂きます


Reiです。
本年も何卒宜しくお願い致します。
お陰様で、クリスマスから年末年始、新年の営業を何とか無事に続けることが出来ました。
シェフも倒れてません。そこまで痩せてません。元から痩せてるけど。
レイも期待したほど痩せてません。残念ながら。むしろ・・・。

もとい。

連日たくさんのお客様とお会い出来て幸せです。
皆さんの笑顔でホントに元気になれます。
Bistrot Takaで笑顔になって頂いて、ワタシも元気をもらう。素敵なGive&Take。
これだけでこの苦境を乗り越えられたと言っても過言ではない。

昨年末にシェフとレイの2人体制になってから、皆さんが心配してくれてます。
そしてたまにボランティアでお手伝いに来てくれる料理人サンまで。なんとありがたい。

そう言えば、以前は手が足りない時にスポットでお手伝いをお願いしたりすることもありました。
が、最近はずっとそれもなく、むしろ「勉強させてもらってもいいですか」なんてお世辞でも言ってくれる仲間がいたりします。
超人気イタリアンのシェフがお手伝いに来てくれたり、出会いのきっかけはお客様としてだったホテルのコックさんが、今や手伝いに入ってくれたり。恐れ多いわ。

たまにでも今のシェフにはとっても支えになります。特にメンタル面が(笑)
仕事量もさることながら、キッチンで独りぼっちは結構メンタルやられるんですねー。
なので、冗談を言って笑える仲間が来てくれると、ワタシがちょっと安心します。
レイが普段してあげてないケアを、ここぞとばかり彼らにお任せ。。助かりまーす。

20180114_133050.jpg

まかないの準備も手伝ってもらったり。ありがとう。


さて、明日15日(月)より19日(金)のランチタイムまで、少し遅めの冬季休業をさせて頂きます。
今日は連休前の最終営業日。
いつもより少し早目に終われるかも?としたら、ちょっとした新年会かしら??
昨年はもちろん忘年会らしいことも出来ず、辛うじてそれらしい飲み会をやったのも実は上の写真のメンツ。
今年も遠慮なくヨロシクお願い致します。

話は逸れて完全にレイのワタクシ事なのですが、戌年になって3日目に、私の愛娘(ミニチュアダックス)長女が16歳4ヶ月で虹を渡りました。
このBlog初期に勝手に登場させたりしておりました(公私混同
たまに店からイイ肉もらって帰ったり、たくさんの骨をもらったり。
こんなにいい食生活をしていた犬もそうはいないでしょう(ジビエを食べたりして、野生に戻るぞ)。
お留守番生活が長い愛娘2匹へのせめてもの罪滅ぼし。
長生きしてくれたと思います。たくさんの愛情をもらいました。
最期までとてもとってもイイ子でした。
公式Blogで私的なご報告もどうかとは思いましたが、いろんな意味で私達を心配して下さる方々に、やっと全部お伝えできる位になりました。
レイのメンタルは、案外丈夫だった。

公私混同、申し訳ありません。
マジで色々あり過ぎだぞこの野郎、というワタシ達の波瀾万丈を皆様にちょい見せさせて頂いて、それからすこーしお休みを頂こうと思います。
皆様にはご迷惑をお掛け致します。何卒ご了承下さいませ。

ちなみにレイのもう1匹の愛娘・次女12歳は相変わらず元気。
愛しい扶養家族の為に、これからもお仕事頑張ります。



 Rei



posted by Bistrot Taka at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月31日

今年もありがとうございました


Reiです。
2017年も残すところあと30分、というタイミングで無理矢理Blogを書き出しました。
片付けも今は全て投げ出して。
新年を迎える準備は全く出来ていないのかも知れません。
でも今夜はある意味奇跡のように、本年の営業を無事終えることが出来ました。
ご来店下さった全てのお客様、出会いのあった皆様、本当にありがとうございました。

怒涛のクリスマス営業、実は最終日に衝撃のクリスマスに直面してしまったBistrot Taka、まず1つ目の年末の奇跡を起こせました。
何はともあれクリスマス当日25日、私達も満足感イッパイのディナー営業が出来ました。

そして大晦日の今日、オードブルセットのお渡しから始まったランチ前、そして満席のランチ営業、からのオードブルセットのお渡し引き続き、さてディナータイムが間もなく・・・・・
・・・って!!! 片付けなーんにも終わってないし、ディナーの準備全く出来てないじゃんっっ!!がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

こんなに焦ったのは久し振りでした。
シェフが「ヤバい、あれもこれも、何にも準備出来てない。間に合わない。マジでヤバい。」
ディナー営業開始時間と同時にご予約が入っており、しかもお帰りのお時間をお急ぎのお客様もおり。
なのに、お客様がいらしてからパンをオーブンに入れて焼き始めたシェフを見て、レイは正直悟りました。
「詰んだわ。」

私も山のような洗い物をギリギリ洗い終えたところだったので、これ以上のお手伝いは不可能。
何とかディナーのお客様を笑顔でお迎えする為の準備で必死でした。

テーブルセッティングが整ったと同時に8割方のお客様がご来店。
それから後は、キッチンのシェフとホールのレイとは完全分担作業となり、関与の余地ナシとなります。

お料理を少しお待たせしてしまったりはいつもの如くありました。
でも何故か今日は、お待たせしている間もお客様皆さまのお顔が優しい。
そんな気がしていました。
私も気軽にお話させて頂いたり、店の中の空気がとってもゆったりして落ち着く、そんな気さえしました。

何かの魔法でしょうか。それとも2度目の奇跡?
いや、これはひとえにシェフの意地、だったと思います。
ディナーのClose時間よりも少し前に、最後のお客様をお見送りしていた私達。
ホッとした気持ちと、ビックリしたような気持ちと。
2017年大晦日満席の営業を、Bistrot Taka現在2名(シェフ含む)で、どうやら無事に終えることが出来たようです。

ご迷惑をお掛けした事もあったと思います。お料理をお待たせするのが普通ではないのに。
でも、皆さまが優しく温かく見守っていて下さったお陰で、Bistrot Taka、無事に年を越せそうです。

表には恒例の大行列。湯島天神です。
年明けまであと2分。
満身創痍、かと思いきやそうでもなく。
皆様に、言葉にし切れない感謝でイッパイのレイです。
シェフに代わって、御礼申し上げます。
皆様、良いお年をお迎え下さい。
2018年も何卒宜しくお願い申し上げます。


 Rei

posted by Bistrot Taka at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月03日

12月。


Reiです。
ほんとスミマセン。気付いたら2ヶ月Blog放置してました。

改めまして、8周年記念フェア皆様本当にありがとうございました。
たくさんのお客様にご来店頂き、お祝いもいろいろ頂戴しました。
フェアが終わって約3週間経つというのに、ブログでの御礼をしないままクリスマスに向かって動き出してしまっておりました。申し訳ございませんm(__)m

そうなんです。12月なんです。
クリスマスとお正月が襲ってくるんです。
・・・あ、いや・・・これは言葉間違えてますね。

皆さんお待ちかねのクリスマスとお正月休み。
今年も来年も、Bistrot Takaは元気に営業しますよぉぉぉぉぉ

営業予定詳細はHPやTwitterのお知らせをご覧下さいませ。
そしてクリスマスのメニュー内容も、もうちょっっっとだけお待ち下さいますでしょうか。。。
毎年のことながら、メニュー未定なのに早々ご予約下さるたくさんのお客様、本当にありがとうございますあせあせ(飛び散る汗)
まるっきり頭上がりませんわ。
必ずや、損させませんので手(グー)
タカさんを信用して下さってありがとうございます。

さすがに22日・23日・24日はお席残りわずかとなっております。
メニュー決まってないのにこちらが言うのも何ですが・・・ご予約はお早めに・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


KIMG0451.JPG

そして例年通り、オードブルセットのご予約も受付中です。こちらは年末年始問わずです。
ウチ、お節料理やらないんですよね。
その代わりのいつものオードブル。

ですが先日常連様がおっしゃってました。
「オードブルも魅力的だけど、正月に営業してくれてるんなら食べに来るよぉー。ウン、来た方がいいもん。」
・・・ありがとうございます。
オードブルセット否定派という訳ではないことはこちらにちゃーんと伝わっておりますので、複雑ではありますがやっぱり嬉しいお言葉です。
そしてどうやらそのようにお考え下さる方が多数いらっしゃるようで、なんと毎年、お正月三が日のご予約も比較的早くから頂く傾向にあります。

脅すつもりは毛頭ないのです・・が・・・是非ご予約はお早めに(しつこい

師走、皆様お忙しい毎日と思います。
厄介な風邪を引いておられる方もたくさんお見受けします。
皆様ご自愛下さいませ。
私達も、年末年始を無事に乗り切る為には身体が一番大事!!
乳酸菌と納豆菌を味方に、頑張ります。


  Rei
posted by Bistrot Taka at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月05日

来月は8周年フェアです


Reiです。

10月ですね。今年もあと3ヶ月弱。あぁ恐ろしい。

フランス料理店にとっては12月が1年のうちでいろんな意味でピーク月、これについては皆さんも薄々お気付きかと思いますが。
Bistrot Takaには、12月の前に11月の周年フェアが控えております。
お陰様で、来月11月3日でめでたく8周年。本当にありがとうございます。
8周年を無事に迎えられるのも皆様の応援のお陰です。

今年も8周年フェアと題しまして、約2週間ほど特別フェアメニューをご用意させて頂きます。
11月3日(金祝)〜19日(日)のディナータイム、8周年記念フェアコース8,000円をご予約頂けます。
メニュー詳細は、例の如く今しばらくお待ち下さい。。

次にやって参りますのが、言わずと知れたクリスマス。
これはまた後日キチンとご案内しますが、12月22日(金)〜25日(月)の期間でクリスマススペシャルコースをご用意致しますので、皆様のご予約をお待ちしております。内容はいつものことながら、まだ未定っす。

そして、湯島天満宮近くという立地のBistrot Takaは「毎年お正月三が日も営業している」という形態がだいぶ認知されてきている様子。
新年元日のランチのみお休みを頂きまして、1月1日(月)ディナータイム〜8日(月祝)は通常営業となります。頑張らせて頂きます。

という事で、11月から1月までの年末年始は毎年、目まぐるしく走り続けて駆け抜けるBistrot Takaです。
皆さまヨロシクお願い致します。

取り急ぎの今後のお知らせとなりましたが、現在シェフが必死にフェアメニュー考案中です。
8周年フェアとクリスマスが立て続けに襲ってくる来月以降に向けて、シェフにしては早目にメニュー作りに取り掛かっている方だと思います。
メニューが決まり次第、ペアリングをご提案出来るワインメニュー作りにワタクシも取り掛かれる訳でして。
いっつもギリギリのギリ。なので今年こそは・・・。
今年は何がどうなるやら。お楽しみに。

あ。ウチは毎年ハロウィン特に何もしません。

ペルドロー・グリ.jpg

ジビエもジワジワと始まっております(写真:山ウズラ)。
ご予約お待ちしております。


 Rei




posted by Bistrot Taka at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | フェア

2017年09月20日

改めて紹介します


Reiです。

Bistrot Takaに新人スタッフくんが入ってくれて2ヶ月半経ちました。
今までの歴代スタッフをBlogに取り上げてご紹介した事は、実はあまりありません。
意図的ではなかったのですが。
歴代みんな本当に頑張ってくれました。そしてステップアップの為に卒業して行きました。

さて。
7月初旬よりウチで働いてくれているのが、関根幸平です。

20170806195705.jpg

フジロックでの勇姿で既出ではありますが、この写真。
勤め始めて1ヶ月経たずに苗場へ行くハメになった25歳です。
慣れない環境や作業でも文句言わずに頑張ってくれました。

正直言って、コーヘイは今までのスタッフに比べると一番調理経験が浅いコです。
なので彼の最初の1ヶ月間は、フランス料理・調理自体で初めて知る事柄がBistrot Taka内で乱発していたはずです。

実はウチのシェフ、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、フランスにいた時に先生をやってました。
日本の調理師学校のフランス校で、日本人の生徒を相手に調理を教えていた経験があるんです。
Bistrot Takaは経験が少ないコーヘイにとって、イチから学ぶには願ってもない環境な訳です。

現場として動き続けているレストランの厨房で日々の営業をしながらなので、教わると言ってももちろん手取り足取りでという訳にはいきませんが、それでもReiが見ている限りかな〜り懇切丁寧な授業を受けているに等しい状況。。
この2ヶ月でコーヘイに詰め込まれた情報量ったら半端なく物凄いと思います。
キャパオーバーでパンク寸前な姿も、私はハラハラしながら見ておりました。

営業中にシェフの怒鳴る声がお客様の耳に届いてしまった事もあります。
基本今まで、Bistrot Takaのそんなアグレッシブな面はお見せした事ないはず。
他のフレンチレストランでは、キッチンからシェフの怒鳴り声が聞こえるのが名物となっているお店もあるくらいですが、ウチのシェフのキャラからして皆さんにとっては「タカさんに限ってあり得なーい」という感じでしょうね。

でも。やってます。最近はたまに、やってます。
営業中、激ギレしたりしてます。

営業中は何よりもお客様優先、シェフが出したいBistrot Takaの料理を出す為に必要な事を最優先にしなければならないので、あんなシェフですが、コーヘイにブチ切れたりもします。
そんな声がお客様に聞こえてしまうのは、私としては出来れば避けたいのですが。
でもこればっかりはね、店にとってもコーヘイにとっても必要な場合があるんです。
なのでグッとこらえる。ワタシも。

少しばかりご説明方々、改めてお詫び致します。
楽しいお食事の空気を少しでも壊してしまうことは本意ではありません。
申し訳ございません。
でも、コーヘイを育てていくのに必要な過程だと思って、温かく見守って頂ければと思います。

ウチの店のいいところは、どんなに怒ったり怒られたりしてもそれを引きずらない事。お互いです。
その点はコーヘイも切り替えがちゃんと出来るコなので、嫌な気持ちを引きずらずに日々明るくいてくれます。ホント助かる。
店のスタッフが作る雰囲気ってのは、お客様にどーしても伝わるものなんですよね。
なので、店の空気を出来る限り大事にするよう努めているつもりです。
何しろ、皆さんに幸せになって欲しくて作った店ですから。
楽しくて美味しいって、ホントに幸せな事なんですから。

おそらくこの現象、若い料理人が必ず通る道なんだと言われてます。特にフレンチでは。
怒鳴られたり殴られたり、今の時代あり得ない程のブラック企業なのかも知れない、そんな職場をよりによって自ら選ぶなんてね。
でも大多数が若いうちに経験することのようです。
今回はその「嫌われ役」の方の役目をウチのシェフが担ったという訳。
おかげで、コーヘイのこの2ヶ月半の急成長ぶりはハンパないんですよ。
いやマジで、スゴく頑張ってる。

という訳で、長くなりましたが、近日中に宅配弁当サービスも再開致します。(唐突
シェフ1人で営業していた頃はもちろん、コーヘイが入ってくれたとしてもさすがにすぐには難しかったお弁当サービス、お休みしてました、スミマセン。
コーヘイも少しずつ慣れてきてくれてるので、そろそろ再開してもいいのではないかと。
もう少し先になりますがまたサイトアップしますので、こちらも今後とも宜しくお願い致します。

20170920_183037.jpg

 鴨のコンフィ用の鴨をやっつけるコーヘイと、その横で何故か見得を切るシェフ。



 Rei






posted by Bistrot Taka at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月26日

OIMOcafeさん


Reiです。
世の中の皆さんとちょっと違う感じのフジロック ロスになっていたBistrot Takaです。

今年のフジロックでは、ほんの少しでしたが観たいステージを観たりも出来たので、音楽も十分楽しめました。
でもでも、もちろんお仕事ですから!!
音楽はもちろん、いろいろな「食」を勉強させてもらいました。

私達が出店させて頂いたオレンジカフェエリア、他の7店舗さんの美味しいモノを存分に楽しませて頂きました。
全メニュー制覇は出来なかったけれど、オレンジカフェ全店舗のメニューをちょっとずつ。
でも3日間あったので結構たくさん頂けましたよ。

どれもホントに美味しかった。。さすがフジロック。
そんな感じの、食の面でのフジロック ロスってのがウチの特徴です。

その中で、ウチのシェフが気に入って毎日のように食べていたのが「焼芋ICE」ハートたち(複数ハート)
今年フジロック3年目の「OIMOcafe」さんのメニューでした。

OIMOcafeさん、実はおいも農家さんなんです。そしてその美味しい「おいも」でおいもメニューなどを出すカフェを埼玉でやられています。
苗場で頂いた焼き芋がビックリするほど甘くて、私達好みのネットリ系。
本気で気に入ったらしいシェフは、埼玉入間郡のOIMOcafeさんに行きたくってしょうがなくなっておりました。

夏休み終わってからもずぅ〜っと話題に上っていたOIMOcafeさん。
OIMOcafeさんのおいもが使いたーい!!美味しいおいもーーー
・・・ハマるとしばらくうるさい性質(タチ)なので。

先日とうとうお電話しちゃいました。「おいも下さいなー」のつもりで。
そしたら残念なことにオーナー様ご不在バッド(下向き矢印)
じゃまたご連絡します、てことでランチの営業が始まりました。


そしてオープン後間もなくご来店頂いたお客様。
・・・!?
OIMOcafeの皆さん!?!?

なんと。シェフの念が伝わったようです。はるか遠くまで執念が飛んだ・・・
以心伝心?これが日本語的に合ってるかどうか 笑

ビックリしました。よくおいで下さいましたぁ黒ハート

フジロックでは私は全然ご挨拶出来なかったので、今回ゆっくりお話も出来て、明るくてパワフルで魅力的なスタッフの皆さんに元気をもらいました。なんて愉快な仲間達なんだ。
素敵なチームワークに触れさせて頂き、ウチもまだまだだなぁと反省など。

ホントにとっても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
そしてシェフの本題「おいも下さいな」も無事お願いする事ができ、秋のさつまいもを楽しみに待つことになりました。めっちゃ楽しみ〜〜るんるん
さて今秋、美味しいおいもでどんなメニューが新登場するでしょうかね。

20170824_142404.jpg

頼もしいオーナーの武田さん、むさし野自然農場を営まれています。
OIMOcafeの舞さんとのパワフルなパートナーシップが、見ていてとても気持ち良い。
間に立つ若手スタッフ野津くんの気苦労(?)も何となく推測できちゃったりしてわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)。体制がウチと似てる気がするので。

20170824_142441.jpg

お茶目で可愛くて、でも凄くエネルギッシュな舞さん、ワタクシ大好きなタイプです(笑)
絶対楽しく一緒にお酒飲める・・・ビール揺れるハート

またお会い出来るのを楽しみにしてます。本気でcafeにも伺います。
今後ともヨロシクお願いします。
来年も苗場でご一緒出来るように、頑張ります。

 OIMOcafeさんHP: http://oimocafe.com/ 


 Rei










posted by Bistrot Taka at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月06日

今年も無事生還、フジロック。


Reiです。

無事に苗場より戻りまして、早1週間となります。はや〜いあせあせ(飛び散る汗)

今年も長めの夏休みを頂いておりました。ありがとうございました。
とは言え、ご存知フジロックフェスティバル出店にその夏休みの大半を費やし、体力回復もままならないまま昨日・今日と久々の営業でした。オイ、夏休みどこ行った。

でも、お待たせしていたお客様方に早速お越し頂けて、こちらは色々追い付いていないながらも、とても幸せな気持ちにさせて頂きました。いやホント幸せ〜るんるん
待っていて下さって、ありがとうございました!!!

20170729_140708[1].jpg

今年のフジロックは、これぞフジロック!!という天候でした。見事に雨続き。
たまの止み間がスゴク嬉しい、でもかなりの確率で霧雨というお天気の中、お客様=フジロッカーは雨なんてモノともせず、なんですね。
そのうちに私達も、雨自体は全然気にならなくなってました。
実際私達はほぼずっと店のテントの中ですしね。
なので、ずっと野外にいらっしゃるお客様のパワーに脱帽です。。

20170729_131358.jpg

20170729_131315.jpg

雨の中、足元グズグズの中で行列に並んで下さった方々、本当にありがとうございました。

1501733757195.jpg

今年のフジロックBistrot Takaをお手伝いしてくれた若者たち。
今年も何かしら音楽関係の男子ばかりだったのですが、とてもいい活気と空気を作ってくれました。
普段のBistrot Takaには絶対に出せない空気です(笑)

1501733736214.jpg

フェスって、楽しくなきゃダメだと思うんです。
働いている自分達も。
あんなに楽しそうな、来場者皆が笑顔の会場では、私達も存分に楽しんで溶け込まなくては。
フェスを全身で楽しまなくては。
今年はそれが出来たと思います。なぜなら・・・

20170728_181517.jpg

今年のBistrot Takaはオレンジカフェエリアでの出店で、しかもなんと!!出店ブースのすぐ横がステージという!!!こんなラッキーな立地ってありますかーっっ
お仕事しながらノリノリですよ、そりゃ体も動いちゃうってもんですよ。

20170728_181530.jpg

シェフの0歳からの幼なじみ、ミュージシャンの扇田裕太郎サン。
彼は今年、なんと2ステージアクトというフジロック!!でした。
隣エリアでのステージは残念ながら観に行けなかったけれど、オレンジカフェで冨田麗香ちゃんとザ・ローリングジプシーズとしてのステージを見せてもらいました。

冨田麗香ちゃん。これまたホントにキュートな歌姫なんですが、歌声はパワフルで伸びやか。
引き語りもいつもステキです、でもザ・ローリングジプシーズの骨太ロック魂がバックに付くと無敵のディーヴァとなります。
こんなにのびのびと「楽しい!」を全身で表して歌う歌姫、一度聴けばカーンタンに虜です。
麗香ちゃんをキラキラさせるギターの裕太郎サン、今年もめちゃくちゃカッコ良かったです。
お2人とも、フジロック出演本当におめでとう!!お疲れさまでした!

FB_IMG_1501775513636.jpg


さて、さりげなく写り込んでおりますニューフェイス。
先日背中だけ公開しました、新人スタッフでございます。

20170806195705.jpg

関根幸平です。まだHPに載せてません。ゴメン。
7月よりBistrot Takaで頑張ってくれています。
フジロック前に入ってくれたおかげで、どれだけ助かったことか。
新しい職場に慣れるまで毎日ただでさえ大変なのに、何故かいきなり苗場へ出稼ぎですもんね。
色々しんどかったと思います。
でもホント頑張ってくれました。

20170806205853.jpg

20170806205922.jpg

夜のオレンジカフェ。日中は謎の物体も、夜だと幻想的。

20170806195555.jpg

今年はちょいちょいフェスを楽しめて。もちろんワタシもです。

20170806205947.jpg

20170806210001.jpg

夜も含めて、今年は苗場スキー場を端から端まで何往復した事か。足パンパン。
イルミネーションを楽しんだのは最初だけだったかも。
あとは正直、記憶ナシ。

20170806205833.jpg

開催3日間が終わって、翌撤収日。なんとまぁいいお天気。なんでー??

1501597063892.jpg

何やかやで、今年もとっても楽しかったフジロックでした。
みんな、慣れない立ち仕事や劣悪環境にもめげず、本当に良く働いてくれました。
本当にありがとう。
ふざけ倒して終わったかと思いきや、風呂場で反省会と来年の作戦会議をやっていたと聞いて、爆笑しながら心の底から嬉しく思いました。


またもや長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。
きっとまた来年もフジロック目指します。バカなので。


  Rei










































posted by Bistrot Taka at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FUJI ROCK

2017年07月13日

めでたいー!!待ちに待った新入社員っ!


Reiです。
いよいよフジロックまで2週間となりました。

3月よりなんと4ヶ月間、シェフが独りで耐え忍んで参りましたBistrot Takaのキッチンですが・・・
ようやく7月より、新しいキッチンスタッフが入ってくれておりますー!!!めでたい〜〜っっ
新入社員でございます。ようやっとでございます。
フジロック前に来てくれてホントにありがとう。。

一応研修期間という形ではありますので、後日改めてご紹介させて頂きますね。

新人クンは25歳。親子ほど年の離れた、という表現がそこまで大袈裟でもない2人が、狭くて、今の時期メチャクチャ暑いキッチンで毎日奮闘しております。
調理師学校の講師の経験もあるシェフに、フレンチの経験がまだ浅い新人クンがマンツーマンで教わる。
しかも、授業料いらないどころかお給料出ます。(僅かではありますが。)
こんなラッキーな職場だとは、皆思いもよらなかったであろう。はっはっは。

とにもかくにも、フジロックまで1ヶ月を切った時点でBistrot Takaに現れた彼は、焦らしに焦らされた私達にとって、何が何でも救世主、なはず!!
現在、シェフが徹底的に仕込んでおります、時に厳しく、常に厳しく・・・?
イヤ、ちゃーんと愛情感じますよ、責任持って育ててあげようという。
そして一刻も早く一人前に動けるよう、シェフの立派な右腕・Bistrot Takaの2番=スーシェフを名乗れる日が来るように。

新人クン、頑張ってくれています。これからきっと、たくさんの壁が次々立ちはだかるはず。
でも越えて行く度に確実に成長していくでしょう。
まずはいきなりの大きな壁。それが何故かフジロックなんですねー。
フジロック2年目のワタシ達もまだまだひよっこなので、一緒に頑張ろう!!

今年も、幸運にも数名の若手アルバイトスタッフ、心強い仲間達にも恵まれることになりました。
みんな、ありがとーね黒ハート

ようやくフジロックに向けて万全の態勢が整いました。
・・・あと2週間!?って、ギリじゃーんっ・・・あせあせ(飛び散る汗)
遅くね??

イヤ大丈夫。めっちゃ楽しみになってきました。準備はまだまだ終わってないけど。

これから月末にかけて怒涛の追い込みかけていきますよ。
仕込みもギリギリまで、シェフが命削ってます。

20170713_134727.jpg

幅広な背中に似合わず、優しいイイヤツなんです。ご紹介は後日。
シェフが、フジロック用ソーセージをガツガツ仕込みながら、営業の手順を彼に次々指南しておる姿です。


  Rei





posted by Bistrot Taka at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FUJI ROCK