2017年09月20日

改めて紹介します


Reiです。

Bistrot Takaに新人スタッフくんが入ってくれて2ヶ月半経ちました。
今までの歴代スタッフをBlogに取り上げてご紹介した事は、実はあまりありません。
意図的ではなかったのですが。
歴代みんな本当に頑張ってくれました。そしてステップアップの為に卒業して行きました。

さて。
7月初旬よりウチで働いてくれているのが、関根幸平です。

20170806195705.jpg

フジロックでの勇姿で既出ではありますが、この写真。
勤め始めて1ヶ月経たずに苗場へ行くハメになった25歳です。
慣れない環境や作業でも文句言わずに頑張ってくれました。

正直言って、コーヘイは今までのスタッフに比べると一番調理経験が浅いコです。
なので彼の最初の1ヶ月間は、フランス料理・調理自体で初めて知る事柄がBistrot Taka内で乱発していたはずです。

実はウチのシェフ、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、フランスにいた時に先生をやってました。
日本の調理師学校のフランス校で、日本人の生徒を相手に調理を教えていた経験があるんです。
Bistrot Takaは経験が少ないコーヘイにとって、イチから学ぶには願ってもない環境な訳です。

現場として動き続けているレストランの厨房で日々の営業をしながらなので、教わると言ってももちろん手取り足取りでという訳にはいきませんが、それでもReiが見ている限りかな〜り懇切丁寧な授業を受けているに等しい状況。。
この2ヶ月でコーヘイに詰め込まれた情報量ったら半端なく物凄いと思います。
キャパオーバーでパンク寸前な姿も、私はハラハラしながら見ておりました。

営業中にシェフの怒鳴る声がお客様の耳に届いてしまった事もあります。
基本今まで、Bistrot Takaのそんなアグレッシブな面はお見せした事ないはず。
他のフレンチレストランでは、キッチンからシェフの怒鳴り声が聞こえるのが名物となっているお店もあるくらいですが、ウチのシェフのキャラからして皆さんにとっては「タカさんに限ってあり得なーい」という感じでしょうね。

でも。やってます。最近はたまに、やってます。
営業中、激ギレしたりしてます。

営業中は何よりもお客様優先、シェフが出したいBistrot Takaの料理を出す為に必要な事を最優先にしなければならないので、あんなシェフですが、コーヘイにブチ切れたりもします。
そんな声がお客様に聞こえてしまうのは、私としては出来れば避けたいのですが。
でもこればっかりはね、店にとってもコーヘイにとっても必要な場合があるんです。
なのでグッとこらえる。ワタシも。

少しばかりご説明方々、改めてお詫び致します。
楽しいお食事の空気を少しでも壊してしまうことは本意ではありません。
申し訳ございません。
でも、コーヘイを育てていくのに必要な過程だと思って、温かく見守って頂ければと思います。

ウチの店のいいところは、どんなに怒ったり怒られたりしてもそれを引きずらない事。お互いです。
その点はコーヘイも切り替えがちゃんと出来るコなので、嫌な気持ちを引きずらずに日々明るくいてくれます。ホント助かる。
店のスタッフが作る雰囲気ってのは、お客様にどーしても伝わるものなんですよね。
なので、店の空気を出来る限り大事にするよう努めているつもりです。
何しろ、皆さんに幸せになって欲しくて作った店ですから。
楽しくて美味しいって、ホントに幸せな事なんですから。

おそらくこの現象、若い料理人が必ず通る道なんだと言われてます。特にフレンチでは。
怒鳴られたり殴られたり、今の時代あり得ない程のブラック企業なのかも知れない、そんな職場をよりによって自ら選ぶなんてね。
でも大多数が若いうちに経験することのようです。
今回はその「嫌われ役」の方の役目をウチのシェフが担ったという訳。
おかげで、コーヘイのこの2ヶ月半の急成長ぶりはハンパないんですよ。
いやマジで、スゴく頑張ってる。

という訳で、長くなりましたが、近日中に宅配弁当サービスも再開致します。(唐突
シェフ1人で営業していた頃はもちろん、コーヘイが入ってくれたとしてもさすがにすぐには難しかったお弁当サービス、お休みしてました、スミマセン。
コーヘイも少しずつ慣れてきてくれてるので、そろそろ再開してもいいのではないかと。
もう少し先になりますがまたサイトアップしますので、こちらも今後とも宜しくお願い致します。

20170920_183037.jpg

 鴨のコンフィ用の鴨をやっつけるコーヘイと、その横で何故か見得を切るシェフ。



 Rei






posted by Bistrot Taka at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月26日

OIMOcafeさん


Reiです。
世の中の皆さんとちょっと違う感じのフジロック ロスになっていたBistrot Takaです。

今年のフジロックでは、ほんの少しでしたが観たいステージを観たりも出来たので、音楽も十分楽しめました。
でもでも、もちろんお仕事ですから!!
音楽はもちろん、いろいろな「食」を勉強させてもらいました。

私達が出店させて頂いたオレンジカフェエリア、他の7店舗さんの美味しいモノを存分に楽しませて頂きました。
全メニュー制覇は出来なかったけれど、オレンジカフェ全店舗のメニューをちょっとずつ。
でも3日間あったので結構たくさん頂けましたよ。

どれもホントに美味しかった。。さすがフジロック。
そんな感じの、食の面でのフジロック ロスってのがウチの特徴です。

その中で、ウチのシェフが気に入って毎日のように食べていたのが「焼芋ICE」ハートたち(複数ハート)
今年フジロック3年目の「OIMOcafe」さんのメニューでした。

OIMOcafeさん、実はおいも農家さんなんです。そしてその美味しい「おいも」でおいもメニューなどを出すカフェを埼玉でやられています。
苗場で頂いた焼き芋がビックリするほど甘くて、私達好みのネットリ系。
本気で気に入ったらしいシェフは、埼玉入間郡のOIMOcafeさんに行きたくってしょうがなくなっておりました。

夏休み終わってからもずぅ〜っと話題に上っていたOIMOcafeさん。
OIMOcafeさんのおいもが使いたーい!!美味しいおいもーーー
・・・ハマるとしばらくうるさい性質(タチ)なので。

先日とうとうお電話しちゃいました。「おいも下さいなー」のつもりで。
そしたら残念なことにオーナー様ご不在バッド(下向き矢印)
じゃまたご連絡します、てことでランチの営業が始まりました。


そしてオープン後間もなくご来店頂いたお客様。
・・・!?
OIMOcafeの皆さん!?!?

なんと。シェフの念が伝わったようです。はるか遠くまで執念が飛んだ・・・
以心伝心?これが日本語的に合ってるかどうか 笑

ビックリしました。よくおいで下さいましたぁ黒ハート

フジロックでは私は全然ご挨拶出来なかったので、今回ゆっくりお話も出来て、明るくてパワフルで魅力的なスタッフの皆さんに元気をもらいました。なんて愉快な仲間達なんだ。
素敵なチームワークに触れさせて頂き、ウチもまだまだだなぁと反省など。

ホントにとっても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
そしてシェフの本題「おいも下さいな」も無事お願いする事ができ、秋のさつまいもを楽しみに待つことになりました。めっちゃ楽しみ〜〜るんるん
さて今秋、美味しいおいもでどんなメニューが新登場するでしょうかね。

20170824_142404.jpg

頼もしいオーナーの武田さん、むさし野自然農場を営まれています。
OIMOcafeの舞さんとのパワフルなパートナーシップが、見ていてとても気持ち良い。
間に立つ若手スタッフ野津くんの気苦労(?)も何となく推測できちゃったりしてわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)。体制がウチと似てる気がするので。

20170824_142441.jpg

お茶目で可愛くて、でも凄くエネルギッシュな舞さん、ワタクシ大好きなタイプです(笑)
絶対楽しく一緒にお酒飲める・・・ビール揺れるハート

またお会い出来るのを楽しみにしてます。本気でcafeにも伺います。
今後ともヨロシクお願いします。
来年も苗場でご一緒出来るように、頑張ります。

 OIMOcafeさんHP: http://oimocafe.com/ 


 Rei










posted by Bistrot Taka at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月06日

今年も無事生還、フジロック。


Reiです。

無事に苗場より戻りまして、早1週間となります。はや〜いあせあせ(飛び散る汗)

今年も長めの夏休みを頂いておりました。ありがとうございました。
とは言え、ご存知フジロックフェスティバル出店にその夏休みの大半を費やし、体力回復もままならないまま昨日・今日と久々の営業でした。オイ、夏休みどこ行った。

でも、お待たせしていたお客様方に早速お越し頂けて、こちらは色々追い付いていないながらも、とても幸せな気持ちにさせて頂きました。いやホント幸せ〜るんるん
待っていて下さって、ありがとうございました!!!

20170729_140708[1].jpg

今年のフジロックは、これぞフジロック!!という天候でした。見事に雨続き。
たまの止み間がスゴク嬉しい、でもかなりの確率で霧雨というお天気の中、お客様=フジロッカーは雨なんてモノともせず、なんですね。
そのうちに私達も、雨自体は全然気にならなくなってました。
実際私達はほぼずっと店のテントの中ですしね。
なので、ずっと野外にいらっしゃるお客様のパワーに脱帽です。。

20170729_131358.jpg

20170729_131315.jpg

雨の中、足元グズグズの中で行列に並んで下さった方々、本当にありがとうございました。

1501733757195.jpg

今年のフジロックBistrot Takaをお手伝いしてくれた若者たち。
今年も何かしら音楽関係の男子ばかりだったのですが、とてもいい活気と空気を作ってくれました。
普段のBistrot Takaには絶対に出せない空気です(笑)

1501733736214.jpg

フェスって、楽しくなきゃダメだと思うんです。
働いている自分達も。
あんなに楽しそうな、来場者皆が笑顔の会場では、私達も存分に楽しんで溶け込まなくては。
フェスを全身で楽しまなくては。
今年はそれが出来たと思います。なぜなら・・・

20170728_181517.jpg

今年のBistrot Takaはオレンジカフェエリアでの出店で、しかもなんと!!出店ブースのすぐ横がステージという!!!こんなラッキーな立地ってありますかーっっ
お仕事しながらノリノリですよ、そりゃ体も動いちゃうってもんですよ。

20170728_181530.jpg

シェフの0歳からの幼なじみ、ミュージシャンの扇田裕太郎サン。
彼は今年、なんと2ステージアクトというフジロック!!でした。
隣エリアでのステージは残念ながら観に行けなかったけれど、オレンジカフェで冨田麗香ちゃんとザ・ローリングジプシーズとしてのステージを見せてもらいました。

冨田麗香ちゃん。これまたホントにキュートな歌姫なんですが、歌声はパワフルで伸びやか。
引き語りもいつもステキです、でもザ・ローリングジプシーズの骨太ロック魂がバックに付くと無敵のディーヴァとなります。
こんなにのびのびと「楽しい!」を全身で表して歌う歌姫、一度聴けばカーンタンに虜です。
麗香ちゃんをキラキラさせるギターの裕太郎サン、今年もめちゃくちゃカッコ良かったです。
お2人とも、フジロック出演本当におめでとう!!お疲れさまでした!

FB_IMG_1501775513636.jpg


さて、さりげなく写り込んでおりますニューフェイス。
先日背中だけ公開しました、新人スタッフでございます。

20170806195705.jpg

関根幸平です。まだHPに載せてません。ゴメン。
7月よりBistrot Takaで頑張ってくれています。
フジロック前に入ってくれたおかげで、どれだけ助かったことか。
新しい職場に慣れるまで毎日ただでさえ大変なのに、何故かいきなり苗場へ出稼ぎですもんね。
色々しんどかったと思います。
でもホント頑張ってくれました。

20170806205853.jpg

20170806205922.jpg

夜のオレンジカフェ。日中は謎の物体も、夜だと幻想的。

20170806195555.jpg

今年はちょいちょいフェスを楽しめて。もちろんワタシもです。

20170806205947.jpg

20170806210001.jpg

夜も含めて、今年は苗場スキー場を端から端まで何往復した事か。足パンパン。
イルミネーションを楽しんだのは最初だけだったかも。
あとは正直、記憶ナシ。

20170806205833.jpg

開催3日間が終わって、翌撤収日。なんとまぁいいお天気。なんでー??

1501597063892.jpg

何やかやで、今年もとっても楽しかったフジロックでした。
みんな、慣れない立ち仕事や劣悪環境にもめげず、本当に良く働いてくれました。
本当にありがとう。
ふざけ倒して終わったかと思いきや、風呂場で反省会と来年の作戦会議をやっていたと聞いて、爆笑しながら心の底から嬉しく思いました。


またもや長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。
きっとまた来年もフジロック目指します。バカなので。


  Rei










































posted by Bistrot Taka at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FUJI ROCK

2017年07月13日

めでたいー!!待ちに待った新入社員っ!


Reiです。
いよいよフジロックまで2週間となりました。

3月よりなんと4ヶ月間、シェフが独りで耐え忍んで参りましたBistrot Takaのキッチンですが・・・
ようやく7月より、新しいキッチンスタッフが入ってくれておりますー!!!めでたい〜〜っっ
新入社員でございます。ようやっとでございます。
フジロック前に来てくれてホントにありがとう。。

一応研修期間という形ではありますので、後日改めてご紹介させて頂きますね。

新人クンは25歳。親子ほど年の離れた、という表現がそこまで大袈裟でもない2人が、狭くて、今の時期メチャクチャ暑いキッチンで毎日奮闘しております。
調理師学校の講師の経験もあるシェフに、フレンチの経験がまだ浅い新人クンがマンツーマンで教わる。
しかも、授業料いらないどころかお給料出ます。(僅かではありますが。)
こんなラッキーな職場だとは、皆思いもよらなかったであろう。はっはっは。

とにもかくにも、フジロックまで1ヶ月を切った時点でBistrot Takaに現れた彼は、焦らしに焦らされた私達にとって、何が何でも救世主、なはず!!
現在、シェフが徹底的に仕込んでおります、時に厳しく、常に厳しく・・・?
イヤ、ちゃーんと愛情感じますよ、責任持って育ててあげようという。
そして一刻も早く一人前に動けるよう、シェフの立派な右腕・Bistrot Takaの2番=スーシェフを名乗れる日が来るように。

新人クン、頑張ってくれています。これからきっと、たくさんの壁が次々立ちはだかるはず。
でも越えて行く度に確実に成長していくでしょう。
まずはいきなりの大きな壁。それが何故かフジロックなんですねー。
フジロック2年目のワタシ達もまだまだひよっこなので、一緒に頑張ろう!!

今年も、幸運にも数名の若手アルバイトスタッフ、心強い仲間達にも恵まれることになりました。
みんな、ありがとーね黒ハート

ようやくフジロックに向けて万全の態勢が整いました。
・・・あと2週間!?って、ギリじゃーんっ・・・あせあせ(飛び散る汗)
遅くね??

イヤ大丈夫。めっちゃ楽しみになってきました。準備はまだまだ終わってないけど。

これから月末にかけて怒涛の追い込みかけていきますよ。
仕込みもギリギリまで、シェフが命削ってます。

20170713_134727.jpg

幅広な背中に似合わず、優しいイイヤツなんです。ご紹介は後日。
シェフが、フジロック用ソーセージをガツガツ仕込みながら、営業の手順を彼に次々指南しておる姿です。


  Rei





posted by Bistrot Taka at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FUJI ROCK

2017年06月30日

トウモロコシも続々到着。


20170630_173825.jpg

20170630_181321.jpg



Reiです。

連日フジロックの話ですね。
何しろ、あと28日??ひー。
毎日迫りくる恐怖とワクワクとまだ闘っておりますので。

今日はスープのお話。
Bistrot Takaで毎夏1番人気なのが、とうもろこしの冷製スープです。皆さんよくご存知。
召し上がったことがある方はお分かりかと思いますが、とにかく「トウモロコシっ!!!」という味と香りと甘さのスープなんです。それ以外に形容しようがない。
そしてホントにビックリするくらいの甘さなんです、これが。

昨年から頂くようになった生産者さんのもろこしなのですが、実はこの生産者さん、以前ウチで働いていてくれたスタッフ今野クンの同級生なのです。
今野クンは宇都宮出身でして、という事はその農園ももちろん宇都宮。思いがけず近い・・・。

農家を営む若者が増えているような話は聞いてましたが、この農家さんはまぁひと味違いますよ。
以前わざわざ店に食べに来て下さったのですが、今どき風の見た目に反して(失礼。)熱いオトコでした 笑
農業にかけている情熱とこだわりがとても伝わってきて、この味に至極納得いったものでした。

初めて今野クンに紹介された時に頂いてみたそのトウモロコシ。
スープにしてみて本当にビックリしました。ビックリ。
トウモロコシにかぶり付いてるかのようなそのまんまの味なんですが、物凄く甘い!!
でも甘さだけじゃなくて、香りが。
もろこしの香り。これが魅力でした。
スープにするにも余計なモノを一切入れることなく、牛乳と塩、だけです。

トウモロコシには特に言えることで、もろこしなどの野菜は朝採れに限ります。
そして朝採れたモノをいかに早く茹でるか。
早く茹でて冷凍してしまうのが、高い糖度をキープ出来る方法なんです。
採れてから時間が経てば経つほど、糖度は落ちていきます。

今は便利な世の中で、宇都宮からなら当日配達の宅急便てのがあるんですねー。
さすがにワタシも農園までは採りに行けない・・・(当たり前)。
なので、朝採れのモノを宅急便で夕方には入手し、ディナーと並行してシェフが仕込み始める、という鬼のような営業を週に3〜4日やっております。そう、仕込みは全てシェフ1人でー。。

Reiさんはフジロック関連の準備、仕込み以外全て担当してる状態。かな。
だから仕事はちゃんとしてるのーっ、サボってないーーー


もとい。
茹で上がったトウモロコシはこんなに鮮やかな色です。もうそのまま喰らい付きたい。

20170630_194231.jpg

これをスープにしていく訳です。

20170630_220800.jpg


そうそう、お分かり頂けました??
もろこし一粒ずつ芯から外していく訳ではもちろんなく(笑)、スピード命でガンガン削いでおりますのでご安心下さい。


最近ねー、シェフによく言われるんですよ。
「俺を殺す気か。」って。

ワタシそんな酷いヒトじゃないですよー
やだなー

・・・苗場でお会い出来る方、スープもお楽しみにっっるんるん


  Rei







posted by Bistrot Taka at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | FUJI ROCK

2017年06月14日

何故に、フジロックなのか。


Reiです。

今日はツラツラと、少し語ろうと思います。
たまーに更新すると思ったら毎度長文載せやがって、スミマセン。

Bistrot Takaをご存知のお客様の大多数が不思議に思われているであろう、
「何故に、フジロックなのか。」
少しでもお話できればと思います。

ウチは至極真っ当なフレンチレストランです。そしてとっても小さな店。
高級店ではなく、大衆ビストロでもなく。
皆様に程良く、心地よく大切な時間をお過ごし頂きたいと、たった14席の小さな店ですがこの空間を大事に育ててきました。

33.JPG

私達のエネルギー源は、何よりもお客様の笑顔です。
ご来店からお帰りまでの間に、皆さんの表情がどんどん変わっていく様。
お見送りの際の、皆さんの穏やかで明るくなった笑顔。これが私達の何よりの喜びなんです。
「美味しいは、幸せ」。

歴代の頼もしい若者スタッフに支えてもらって、気が付けば7年半が経過しました。
現在はシェフとReiの2人で店を守っておりますが、今まで本当に人の縁に恵まれてきたと思います。
ところが今は何故か、どこのレストランも人手不足だそうです。フレンチ業界は特にね。
ウチも現在はそんな状況真っ只中です。キッチンスタッフ絶賛大募集中。
こればっかりは縁なので、ひたすらご縁を待っております。

さて本題。
こんな小規模のレストランが、何故フジロックに出店などというお話になったのか。
「FUJI ROCK FESTIVAL in Naeba」
毎年新潟苗場スキー場で開催される、国内最大級の音楽フェスです。
各国の有名アーティストと物凄い数のお客様が、音楽と自然と美味しいものを求めて集まります。

1463191812572.jpg

20150726_113354.jpg

確かに大それたチャレンジだったかも知れません。
きっかけは、シェフの0歳からの幼なじみ、ミュージシャンの扇田裕太郎さんの一言でした。
「フジロックにフレンチとか、面白いじゃない。」
ミュージシャンの彼にとってもフジロックはもちろん大きな舞台であって、「ある意味の幼なじみの共演が出来たらいいね」なんて話してたのが2015年です。
ですが正直、出店経験者含め各方面の関係者からは「悪いコト言わないから、やめといた方がいい。」と、たっぷり脅かされました。とにかく大変だからヤメトケと。

・・・そう言われるとますます興味を持ってしまうのがフレンチ業界人の性(サガ)。
言ったでしょ、ドM集団だって。

ただし、ただの頭悪いドMじゃぁないつもりです。
私達も、未だ毎日新しい何かを探し続けてるんです。
新しい料理、味、出会い、チャンス、飛躍。
ビジネスとして、今のまま・現状維持が全てだとは決して考えていません。
実業家にはなれてないけれど、常にアンテナは張ってるつもりなんです。
そこに今回なぜか否応なしに引っかかっちゃったのが、フジロック出店のお話だった訳です。

2015年に実際に観に行かせてもらい、ますます決心固まり、2016年早速初出店。
そして扇田裕太郎さんとフジロックで語らう事も実現出来ました。
本当にいろいろ大変ではありました。でもそれを遥かに上回る充実感がありました。
終わってヘロヘロになって、一番最初の感想が「楽しかったー」ですもんね(笑)。

ホントに、各方面の人々に「バカなんじゃなかろうか」と思われてた自覚はあります。
それほどのムチャを、やりたくてやっちゃった訳です。
そしてこのムチャな挑戦は、続けないと意味がないモノなんです。

てな訳で、今年も苗場に行きます。
昨年苗場でお会い出来た、尋常でない数のお客様にまたお会い出来るのを本気で楽しみにしています。
日頃湯島で触れ合う皆さんの笑顔ももちろん大切、私達の宝物です。
宝物を、ちょっと遠出してもっと集めてきたくなっちゃいまして。
ほんのちょっとだけ、Bistrot Takaの冒険を見守ってて下さいね。

シェフの身体の事を心配して下さる方が本当にたくさんいらっしゃいます。ありがとうございます。
ワタシもそこは、不安でないかと言えばウソになります。
日々の営業とあわせてフジロックの仕込みを1人で毎日続ける、この体力・労力は並大抵ではないです。
そりゃシェフが超人と思われるのも無理ナイ。でもただの人間です。
今こんな私達を支えているのは一体何なんだと、たまーに思います。
でもそれは、やり遂げた後に得られる、本当に計り知れない価値のモノと経験の可能性に尽きると思ってます。

・・・やっぱりバカなのかも知れません。

皆さん、心配させてゴメンなさい。
焼き菓子も何にも作れなくなっててゴメンなさい。
でも、苗場から無事に帰ったBistrot Takaはきっと、また一回りも二回りもおっきくなってるはずですので。
夏のワガママをお許し下さい。

7d2d2e0f-s.jpg

1469426007435.jpg

      FUJI ROCK FESTIVAL 2016


 Rei












posted by Bistrot Taka at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | FUJI ROCK

2017年05月30日

早3ヶ月。そして、あと2ヶ月!!


Reiです。

いやはや、ひっさしぶりにBlog開いて唖然としました。
もはや月1更新ですらない。

なんと、ウチの若手スタッフが卒業してから、もう3ヶ月が過ぎようとしているっっ!!
この3ヶ月間、シェフとReiの2人体制を余儀なくされつつも、日々の営業の傍らフジロックフェスティバル用のメニューの仕込みを開始しております。
1日の24時間てこんなに短いのね・・・。
そんな訳で(言い訳にはなりませんが)、Blogも何もほったらかしでした。毎度スミマセン。

フジロック開催まで60日を切ったそうですよ〜、フジロックのInsta見て、カウントダウンに怯える日々が今年も始まりました。

20170530_183005.jpg

20170530_190158.jpg

という事で、今年もフジロックで販売する「アメ色玉ねぎチキンカレー」の玉ネギと格闘するシェフの写真をお届け致します。
シェフ、と言うより、玉ネギ達・・・??

20170530_191431.jpg

1回につき9Kgの玉ネギを一気に刻み、数種類のホールスパイスの香りを移した油でひたすら炒め続けること約3時間。そしてまたスパイスを色々。
何やかやとトータル4時間かけて、アメ色玉ねぎチキンカレーのベースが出来上がります。
これをフジロックまで何回戦だ!?!?

昨年はカレーだけでも3,000食持って行きました。その他自家製ソーセージととうもろこしスープも。
・・・またもや気が遠くなります。
でもね、美味しいモノの為には手を抜きたくないというフレンチ料理人の熱意と根性には頭が下がります。

ワタクシも、日常の営業でいっぱいイッパイの事が多いのですが、またこれから少しでもフジロックまでの記録が残せたらな、とは思っております。気持ちは、ある。頑張る手(グー)

Reiが今年もまたトラック野郎になるまであと2ヶ月。
苗場まで出稼ぎに行って、無事帰って来れるように体力もつけねばです。
ビクビクがゾクゾクになり、そしてワクワクになるまでもう少しかかりそうあせあせ(飛び散る汗)

ちなみに今年のフジロックでは、Bistrot Takaは「オレンジカフェ」エリアに出店致します。
唯一の屋根付きフードコートなので、苗場に行かれる方は是非一度、いっちばん奥地まで頑張ってたどり着いてみて下さいね。
癒しの空間でお待ちしておりますぴかぴか(新しい)


 Rei







posted by Bistrot Taka at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | FUJI ROCK

2017年02月08日

急募!!キッチンスタッフ募集中なのです!!!


Reiです。

2017年、もう2月です。
昨年末から何だかずぅっとバタバタしておりました。お陰様です。
ブログの存在を忘れる程でした。。
ワタシの中の記憶に1月が存在していないような。

ハタと気付けば、バレンタインデーが近付いております。
例年、個人的には全く知らないフリを決めこんでいるワタクシです。
が、Bistrot Takaでは毎年「トリュフショコラ」を販売しております。
さすがにこれは「ワタシには関係ナイので」とスッとぼける訳には・・・・

KIMG0378.JPG

毎年ご好評頂いております、驚異の口溶け・Takaさんのトリュフショコラ1,600円(6粒入り)、ようやくご用意出来ました。店頭でお渡ししております。
バレンタイン用のご予約も承っておりますので、是非ぜひお電話下さいね。

ところで今日は、バレンタインチョコのお知らせもさることながら、Bistrot Takaキッチンスタッフ募集のお知らせも!!超大事っ!!!

そうなんです、先月より告知させて頂いているのですが、現在も募集中です。
フランス料理を学びたいという、調理経験2年以上の方を募集しております。
何しろ小さな店なので、いろいろ勉強出来ます。
教えてもらう、というよりいろいろ自ら挑戦出来る環境で働けます。
シェフでさえ今でも日々研究・発見の連続で、生みの苦しみはもちろんですがそれ以上の達成感と感動、毎日その積み重ねです。
勉強中の方ならば、「フランス料理」ってモノがますます好きになるに違いない。
14席しかない小さなお店、Bistrot Takaはそんな職場です。

どなたかご紹介頂ける場合も大歓迎。よろしくお願い致します。
是非ご連絡下さい。お待ちしております。

20141028_150653-2.jpg

ご参考までに、ある日のまかない。カレー。
・・・というと、回を重ねるごとにカレーの内容がグレードアップしていくのがウチの常。
カレーと言っても、インドカレー。・・・には、ナン。
しかもラッシー。ひゃはは。

こんな感じで突き詰めていくのが楽しい職場です。
美味しいモノの追及は楽しいねーるんるん


  Rei





posted by Bistrot Taka at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年12月31日

今年もありがとうございました


Reiです。

本日31日大晦日、12月に入ってから続いていた怒涛の日々でしたが、奇跡的に今日はいつもより早く営業が終了致しました。
本日も昼夜ともたくさんのお客様にお過ごし頂き、皆さんの笑顔のお陰でとても気持ち良く新年を迎えられそうです。
2016年、皆様本当にありがとうございました!!
あと数時間後となりました来年も、Bistrot Takaを何卒宜しくお願い申し上げます。
たくさんのお客様と笑顔の時間をご一緒出来ますよう、来年もお会いできるのを楽しみにしております。

この年末年始も例の如く、明日1日(日)のランチのみ休業させて頂きまして、1日ディナーより9日(月・祝)まで連日営業致します。
お正月に営業しているBistrot Takaの存在、8年目ともなるとだいぶ多くの方に知って頂けているようですね。
お正月からフレンチ、という選択肢が皆様の中で定着しつつある様子。
嬉しい限りです。
今日は、おせちの代わりのオードブルセット(とは言ってもいつもの物と内容は特に変わらず。)のお受け取りご希望が一番多い日でした。
ご自宅でフレンチオードブルをつまみにワイン。素敵じゃぁ〜ないですかっっ
ワタシもやりたいっっっ・・・飲みたいっ、食いたいっっ・・・

という心の叫びは封印して、ワタクシ達はお正月もお店で皆様をお迎えさせて頂きます。
新年早々にお越し頂けるなんて、本当にありがたいお話です。ご予約ありがとうございます!!!
素晴らしい1年のスタートとなりますよう、お手伝いさせて頂きますね。

2017年まであと2時間となりました。
それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。


 Rei


posted by Bistrot Taka at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月21日

今更ですがクリスマスメニューを。


Reiです。
いよいよ明日より、クリスマスのスペシャルコースが始まります。
25日(日)までご用意させて頂きます。
今年はクリスマスの暦がステキ。皆さまにとってはなんとステキな週末かと。
・・・ワタシ達も・・・頑張ります・・・手(グー)あせあせ(飛び散る汗)
皆さんに楽しくお過ごし頂けますよう、今年もスペシャルなコースご用意致します。

などと言ってますが、メニューの発表が今までで最遅記録ではなかろうか。
今更の発表とは思いますが、せっかくなのでお知らせしますね。


Bistrot Taka クリスマスディナーコースメニュー 2016
   
アミューズ 数種類の小さなおつまみ
 
   
〜・〜・〜

   
ラングスティーヌとホタテの冷製
    レモングラスとバジルの風味
   
〜・〜・〜

      
グルヌイユのソテー
   にんにくクリームとパセリのソース
  
 〜・〜・〜

     
根セロリの小さなスープ フォワグラとトリュフ

  
 〜・〜・〜

      
サワラのミキュイ
   コンソメ仕立て セップ茸添え

   
〜・〜・〜

      
牛タンの赤ワイン煮
         
または

ラパン(うさぎ)の背肉ロースト マルジョレーヌ風味と
モモ肉のクリーム煮 マスタード風味

   
〜・〜・〜

       
フロマージュ

   
〜・〜・〜

苺のミルフィーユ ピスターシュのアイスクリーム

〜・〜・〜

小菓子

コーヒー、紅茶、エスプレッソorハーブティー

¥13,000

(食材の入荷状況によって、内容が若干変更される場合がございます。
何卒ご了承下さい。)



今年もシェフ渾身のクリスマスがスタート致します。
ご予約頂きましたお客様、ぜひぜひお楽しみに!!
皆様のご来店をお待ちしております!


  Rei
posted by Bistrot Taka at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | クリスマス