2019年04月20日

平成最後の?ブログ更新


Reiです。

大変長らく更新しておりませんでしたBistrot Takaブログです。
気付けば桜も散っておりまして、昨シーズンたくさんの実をつけてくれた店の前の姫リンゴの木も今シーズンの小さな可愛い花が散ろうとしている今日この頃です。
ちゃんと生きておりますよワタクシ、皆様お元気ですか(笑)いかがお過ごしでしょうか。

2019年になった途端更新をサボりやがってとお思いでしょう。スミマセンでしたm(__)m言い訳のしようがありません。
毎年のことですが年末年始お陰様での忙しさ、そしてキッチンぼっちのシェフの奮闘も1年と4ヶ月が経とうとしております。いよいよ元号まで変わってしまいますよ。
せめて平成のうちにブログ更新しなければ・・・!!という訳ですご想像の通り。
余談ですが「令和」の発表を聞いたReiの友人の何人もが「レイちゃんのことを真っ先に思い出した」と言ってくれました。ありがたい。さすが湯島のインパクト女・別名アマゾネス(誰がじゃ

ところで、本当に不思議なのですが、最近ランチタイムで「鴨のコンフィ」という定番メニューのオーダーをたくさん頂きます。

鴨のコンフィ.jpg
↑↑↑↑↑ これ。※写真はディナータイム仕様のつけ合わせです。ランチではシンプルにグラタン・ドフィノワ(ジャガイモのグラタン風)のみが基本スタイル。

もちろん売切れでさえなければ基本的にいつもランチプリフィクスコースのメインにご用意しているレギュラーメニューです(コース価格+550円ですスミマセン)。
え、巷ではコンフィブームでも来てるのですか???
トレンド情報に疎い私達が知らないだけ?

謎です。でも嬉しいです。とっても。
驚異のリピート率を誇るメニューになったと言っても過言ではない。
ちょっと心配なのは・・・プリフィクスコースって・・・他にも選べるメニューある訳です。
もしや他のメイン料理の魅力が・・・足りない・・とか・・・・???えっ・・?

でもでも、ウチのコンフィを召し上がった方に「初めて食べたけどすごく美味しかった」と言って頂く度に、フランス料理の定番を広く知って頂くきっかけになってるのかなと、とても嬉しくなるんです。
今ではいろんなお店で出会うようになったメニューかも知れませんが、フレンチ・ビストロ料理の代表みたいなメニューを「こんなに美味しいとは知らなかった」と言って頂けると、フレンチレストランやっててホント良かったなーと思う訳です。

コンフィとは元は保存食、塩漬け肉の料理を指すことが多く、お客様の中には「ちょっとしょっぱい」と思われる方ももちろんいらっしゃいます。塩加減のお好みは本当に皆様それぞれですので。
店ごとにもコンフィのしょっぱさ加減は色々です。そのお店のシェフの好みですね。
ちなみにBistrot Takaの鴨のコンフィは、ワインがススム味付けです。ビールも当然合います。
叶うことならば、ランチタイムでも是非お酒とご一緒にお試し頂きたい・・・。昼間っからのお酒はまた格別ですので・・・

話が少しズレ始めました。

現在も未だシェフが独り奮闘しておりますが故、ディナータイムは「おまかせコース」3種類のみで営業させて頂いております。
長いお時間を頂いてしまう事も度々で、ご迷惑をお掛けしており申し訳ございません。
ランチタイムはプリフィクスコースのご案内なのでお好きなお料理をお選び頂けます。
それでもやはりゆっくりランチタイムなフランス料理店ですので、是非ゆったりお過ごしにお越し頂ければと思います。
GW中も4月30日(火)を除き5月6日まで営業致します。
まだ比較的お席ご用意出来ますので是非。皆様のご予約をお待ちしております。



posted by Bistrot Taka at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185888266

この記事へのトラックバック