2010年05月14日

賄い 2

ユメカサゴのムニエル


ビストロ タカはフレンチの店ですが、あえてメニューにアクアパッツァを載せています。  自分が大好きだからです。
丸のままの魚を使って自分の気に入ったものが出来たので、メニューに入れました。

今回はその丸の魚を使って別のものを試してみました。
試作というより、自分がこの魚を食べてみたかったんですが・・・

いつもお世話になっているお魚屋さんがユメカサゴを納品してくれました。
きっと蒸したり煮たりする方がいい魚なんだとおもうんですが、試しに焼いてみることに。(焼いたのが食べたかったからです)

ムニエルにして、ニンニクとケッパー入りの焦がしバターソース。 
身が淡白なので、チェリートマトを加えてさわやかめにしてみました。
「ディナー営業後に作って試食だー!!」 と食べる気合満々の僕に対して・・・

「私、夜はやめときます。」 ・・・・・
「僕もやめときます。 モテボデー モテボデー !!!」
などとほざくので、『あとで「やっぱり一口いいっすか?」とか言ってもやらないからねー!!!!!』 と子供みたいなことを言って一人でグラスワイン付きで頂きました。
おいしかった。 そしておなかいっぱい。


厨房で一人で頂く食事は、豪勢になればなるほど寂しいものだとわかりました。 「一人厨房納豆ご飯」は慣れてるんですが・・・

その日その日でいろいろな魚が入ります。
メニューに載せてませんが、このムニエルも、もしご希望があればお声かけて下さい。


いつも僕のわがままを聞いてくれるお魚屋さんには感謝です。
Taka



posted by Bistrot Taka at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38075208

この記事へのトラックバック